ニュース・トピックス

富士川水系でアユの遡上調査へ

3河川に1万匹放流

富士宮市による富士川水系アユ遡上(そじょう)調査のための放流が2日間に渡り、芝川、稲子川、稲瀬川(境川)で行われた。3河川には来月も含めて約1万匹の調査用アユを放流し、遡上の有無、遡上量、成長などの状況を確認し、河川での釣りが富士宮市の観光に寄与できるか、河川の状態などを把握する。

新事業で「まちなかラボ」

起業・出店相談支援

富士市と富士商工会議所、富士市商工会、富士市産業支援センターf―Bizは共同で、富士本町・吉原商店街エリアへの起業・出店相談支援として、同エリアの空き店舗へ15日間無料でテスト出店できる「テストマーケティング付き起業支援」を核とした「商店街×起業家支援プロジェクト~富士本町・吉原まちなかラボ~」を行う。6月14日まで出店希望者を募っている。同事業では15日間(準備・撤収日などを含む)の家賃・水道光熱費は市が負担。併せて起業支援機関で起業・出店相談も無料で受けられる。

子育て支援へガイドブック

起業・出店相談支援

富士宮市は、子育て支援ガイドブック「宮っ子育てガイド」を発行した。妊娠期から就学時期くらいまでの子育て情報を盛り込んだ冊子で、子育てに悩んだ時や、どうして良いのか分からない時などに手に取ってもらえる一冊となっている。同市ではこれまでも出生時などに子育て支援ガイドを配布し、子育て情報を提供してきたが、今年度は官民協働発行に関する協定を通じて、協賛企業の協力により新たなガイドブック7000部を作成した。

看護の道へ自覚新た

富士市立看護専門学校で戴帽式

富士市立看護専門学校の2019年度戴帽式が、同校講堂兼体育館で開かれた。看護の象徴であるナースキャップを受けた26期生の2年生38人がキャンドルのともしびを胸に誓いの言葉を唱和し、1・3年生や保護者、来賓の温かな祝福を受けながら看護の道への自覚を新たにした。戴帽の儀では、2年生が一人ずつ登壇してナースキャップを受けると、ナイチンゲール像のともしびをキャンドルに移し整列。全員で▽看護の道を志す仲間と共に支え合い、命と向き合う責任と自覚を持つ▽真摯(しんし)な心で互いに高め合い、生涯学び続ける▽患者の心に寄り添い一筋の光となる―などの決意の言葉を唱和し、「富士山のように高い志と大きな心を持ち、決意を新たに一歩を踏み出します」と誓った

ページTOPへ戻る △

お問い合わせはお気軽に 岳南朝日新聞

メールでのお問い合わせはこちら

当社の強み

ニュース・トピックス

カルチャースクール

投稿・写真募集について

広告掲載のご案内

購読のご案内

ページTOPへ戻る △

ニュース・トピックス

カルチャーセンター

〒418-0033
静岡県富士宮市野中東町46番地の1
TEL:0544-28-0200
FAX:0544-28-0218

copyright (c) 2016 Gakunan Asahi Shinbun All Rights Reserved.